忍者ブログ
  • 2017.08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/22 00:45 】 |
ランクル70のオーディオ周りをいじることになった理由の話

ランクル70の話です。

コレしかネタがなくて非常に申し訳ないですw



このクルマ、そもそも1980年代から生産、2004年に生産中止し

その10年後の2014年から1年間だけ再販したと言うモデルなのですが

クルマのクオリティ自体は2014年にアップデートされずに再販されております。

例えるなら未だにラ・フロンテーラ以前な感じですw

旋回7 対波2の無強化増量ガレアス(鉄板3枚)っぽい取り回しですw

当時(特に1980年代)はこれしかなかったんだなー、って感じです。

そういった時代のクルマになります。



そもそも「そんな昔の車、よく未だに作れたな」と思われるでしょうが

豪州や南アフリカに輸出するために、生産自体はし続けておりました。

2014年頃から、それを国内の販売にまわしたと言うだけのことです。

豪州にせよ南アにせよ、耐久性と走破性ばかりが問われており

内装や乗り心地、豪奢な雰囲気(笑)とは一切無縁の車となります。



大半の不便さ・カタさは「だがそれがいいw」とか吹かす自身はありましたが

とりあえずセミ・オーディオメニアとして看過できなかったところが

例によってのオーディオ周りでした。

未だに紙コーンのスピーカーとか・反響しまくりロードノイズ、V型6気筒のウルサイエンジンと言うこともあり

即時の手入れは必然でありました。






…続きはまたあとで書きます。ネムイ…。

拍手[0回]

PR
【2016/10/03 23:57 】 | ランクル70の話 | 有り難いご意見(0)
<<そろそろ復帰の機運が高まってきました!と言う話 | ホーム | 70いじりの話>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]